• ホーム
  • バルトレックスはどうやって手に入れる?個人輸入が一番手軽な方法ですか?

バルトレックスはどうやって手に入れる?個人輸入が一番手軽な方法ですか?

2020年02月16日
薬のケース

バルトレックスはヘルペスウイルスを殺菌する効果はありません。バルトレックスに含まれるバラシクロビルはヘルペスウイルスの中に入り込んで、DNAの複製を阻害する効果があります。それによってヘルペスウイルスが増殖するのを抑えてくれるのです。既に体内にあるヘルペスウイルスは自己免疫機能によって死滅していくので、それによって性器ヘルペスを治療することができます。

つまりウイルスが増殖しきって症状が出ている状態では十分な効果が得られないのです。そのため症状が出始めてすぐ、6時間以内、最低でも24時間以内にバルトレックスを服用しないと意味がありません。

しかし現実的に考えてかなり難しいという人が殆どだと思います。仕事や学校があるのに、発症から6時間以内に病院に行ってバルトレックスを処方して貰うのはかなり難易度が高い行為です。そのため結局症状が悪化してからでないとバルトレックスが服用できず、効果が実感できなくなってしまうのです。

そんな人におすすめしたいのが個人輸入になります。病院では必要な分しか処方してくれないので、常備薬として手元に置いておくことはできません。ですが個人輸入であればまとめ買いをすることができるので、再発した時にのためにバルトレックスを購入しておくと便利だと思います。

最近では個人輸入代行業者も多いので、簡単にインターネットで購入することができます。しかし個人輸入をするに当たって注意しておきたいポイントが幾つかあるので、大きな注意点2つを押さえておきましょう。

まず1つ目が個人輸入は自己責任が原則です。悪徳業者もいるので偽物を購入してしまったり、薬が体に合わずに副作用を生じてしまうことがあります。それを防ぐためにも信頼することができる業者を探すことです。口コミを見たりして本当に信頼することができるかチェックしてから購入しなければいけません。

医薬品をいきなり自己判断で服用するのはとても危険な行為。一度医者に行って薬を服用して副作用がどうかを確認してから購入するようにしましょう。そして自己責任が原則なので、誰かに譲ったり誰かの分をまとめて購入するのもNGです。たとえ家族であっても許されません。自分の分だけを購入して下さい。

2つ目は最大量は2カ月分までという原則です。もしも1日1錠であれば最大60錠まで購入することができます。まとめ買いをすればお得になりますが、最大量に関しては守らなくてはいけません。
個人輸入に関する規定は厚生労働省において規定されている条項になります。きちんと規定を守って利用するようにしましょう。